なたまめ茶 効果

なたまめ茶スゴイ!!4つの成分による効果・効能まとめ

なたまめ茶ってすごいんです。

なたまめ茶 成分

 

最近流行りだしてきたなたまめ茶

 

なたまめ茶 効果

 

一部の地域では地域活性化のためなたまめ茶の生産に力を入れているぐらいです。

 

ですが、その効果・効能についてちゃんと理解している人は少ないと思います。

 

なので、この記事ではなたまめ茶の効果・効能について分かりやすくまとめています。

 

最後までしっかり見ていってくださいね。


なたまめ茶の4つの有効成分とは

なたまめ茶 成分

なたまめ茶には4つの有効成分が含まれています。

 

↓その4つの成分についてご紹介しますね。

 

1:カナバニン
2:コンカナバリンA
3:ウレアーゼ
4:サポニン

 

「???」

 

いきなり成分だけ書かれても理解できませんよね。

 

なので1つ1つ掘り下げて解説していきます。

 

1:カナバニン

 

なたまめ茶 効果

 

1つ目にカナバニンという成分はなたまめ茶に含まれるアミノ酸の一種です。

 

主に「膿を出す効果」が高いことが研究でわかっています。

 

その他、抗炎症作用、血流促進効果、血液・体液の浄化作用があります。

 

なたまめ茶に含まれる顔のような成分なんですね。

 

その効果・効能によって歯周病や蓄膿症、痔など膿の溜まった症状に高い効果が期待されています。

 

↑今現在でもカナバニンによって多くの人が症状の快方に向かっているのも事実です。

 

2:コンカナバリンA

 

2つ目にコンカナバリンAです。

 

コンカナバリンAはなたまめ茶のみに含まれているというタンパク質です。

 

免疫力向上・正常化作用、抗腫瘍作用、腎機能向上作用、免疫力向上作用があるとされています。

 

ですので、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息といったアレルギー症状、 自己免疫疾患の一種である関節リウマチなどの緩和に期待できます。

 

3:ウレアーゼ

 

3つ目のウレアーゼは酵素の一種です。

 

尿素やアンモニアを二酸化炭素に分解する作用があります。

 

また、腎機能を活性化する働きや解毒作用も兼ね揃えています。

 

4:サポニン

 

最後にサポニンです。

 

サポニンには脂質の合成・吸収の抑制作用、分解促進作用があります。

 

そして研究によりますと、肥満防止に有効であることが確認されています。

 

これによりダイエット効果が期待できます。


まとめ

いかがでしょうか?

 

なたまめ茶には、4つの成分により多くの効果・効能があることが分かりましたか?

 

人気の理由がわかりますね。

 

わたしも今ではなたまめ茶を家のマイ飲料として飲み続けています^^;

 

いま書いていることは私も実感していることです。

 

飲むだけであんなにも効果が実感できるのは正直凄いと思います。

 

1日1袋に換算するとわずか100円前後です。

 

あと、味についてもほうじ茶に似ている味でとても飲みやすく飲んでいて飽きないのも特徴だとおもいます。

 

↓管理人が飲んでいるなたまめ茶はこちら↓

 

なたまめ茶 効果

 

なたまめ茶 口コミ

なたまめ茶 成分