なたまめ茶 効かない

なたまめ茶が効かない隠れた要因について

なたまめ茶が効かない隠れた要因について

なたまめ茶 効かない

 

なたまめ茶についての口コミなどにはよく“効かない”などのコメントを見かけます。

 

なたまめ茶 効かない

 

ですが、そのような口コミの多くはある要因がありました。

 

私自身、蓄膿症に悩んでいてなたまめ茶を飲んで効果を実感しています。

 

↑その経験から分かった隠れた要因についてこの記事ではまとめましたので、

 

最後までご覧くださいね^^

 

要因@ 効果が出るまで時間がかかる

 

なたまめ茶は飲んですぐ効果が出るわけでありません。

 

効果があらわれるには時間が掛かるんです。

 

そして、なたまめ茶は医薬品ではなく健康茶ですので、即効性はありません。

 

一概には言えませんが約三ヶ月は様子を見ることが必要になります。

 

ですので、効かないと言っている人に多くが、飲み始めてすぐに効果が出ないと

 

「効果ないじゃん」

 

と思ってしまっているので焦らず飲む姿勢が重要になってきます。

 

 

要因A 毎日しっかり飲んでいない

 

なたまめ茶は毎日飲むことでより効果が発揮できます。

 

効かないと言っている人は、毎日飲まず、実はあんまり飲んでいないんですね。

 

基本中の基本であるしっかり毎日飲むっていうことは一番重要です。

 

私は朝は必ず飲んでいましたし、
夜もお風呂上りなど、決まったタイミングでいつも飲んでいました。
継続して飲むことで効果を実感していきました。

 

要因B 症状の重症度が高い場合

 

蓄膿症や副鼻腔炎などはレベルによって症状の重症度が違います。

 

症状の重症度が高い場合はなたまめ茶だけで症状を和らげるのは難しいでしょう。

 

重症度が高い場合はやっぱり抗生物質の摂取が必要になります。

 

なので、なたまめ茶はあくまでも補助飲料として飲むことをおすすめしています。

 

こういった場合はまずは病院の診断をまずは受けてみましょう。

 

要因C 逆に飲み過ぎもNG

 

飲まなさすぎも効果を発揮できませんが、

 

逆に“飲み過ぎ”もあまりよろしくないでしょう。

 

なたまめ茶の成分にカナバニン(抗炎症作用効果がある)というのが含まれていますが、

 

このの成分は飲み過ぎることによって下痢や肌荒れが起きてします場合があります。

 

飲み過ぎには注意してください。

 

一日1パックを目安にするのが良いでしょう。

 

私の場合はお腹が強かったのか下痢や肌荒れなどの副作用はでませんでした。
あなたも飲む量については自分の体にあわせて飲んで頂ければと思います。

 

まとめ

 

なたまめ茶が「効かない」という人に以下の共通点がありました。

 

↓効果が出ていない人ほどこういった基本を改善してみてください。

 

 

要因@ 効果を発揮するのに時間がかかる

 

要因A 毎日飲んでいない人が多い

 

要因B 症状の重症度が高い場合には限度がある

 

要因C 逆に飲み過ぎている

 

ですが、逆を言うと以上の事を意識するだけで、余計なことで頭を悩まなくなるので、

 

スムーズに効果を実感できると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。^^