なたまめ茶 ペットボトル

なたまめ茶はペットボトルの商品がない3つの理由

なたまめ茶はペットボトルの商品がない3つの理由

なたまめ茶 ペットボトル

 

 

現在、なたまめ茶は“ペットボトル”での販売はありません。

 

なたまめ茶 ペットポトル

 

一般的にペットボトルで販売したほうが飲みやすいですよね。

 

いちいちティーパックから作る手間も省けますし。

 

ですが、ペットボトルにしない理由がいくつかありました。

 

本記事ではその理由について解説いたします。

 

理由@雑菌が繁殖する可能性も高くなる

 

なたまめ茶 ペットボトル

 

ペットボトルだとどうしても、飲みかけの状態が続いてしまいます。

 

そうしたら、どんどん雑菌が繁殖してしまいますよね。

 

その理由からペットボトルでの販売をしていないのです。
(なたまめ茶は普通のお茶より栄養価が高いため雑菌が繁殖しやすいので)

 

理由Aアイスよりホットの方が吸収率が高いため

 

なたまめ茶 ペットボトル

 

なたまめ茶は非常に栄養価の高い健康茶です。

 

その栄養をしっかり吸収するためには、温かい状態で飲むのが一番です。

 

ペットボトルの状態だと、どうしても冷めた状態になってしまいます。

 

なので、ティーパックからの煮出して温かい状態で飲む方がより効果を発揮します。

 

理由Bティーパックの方がより多く提供できる

 

なたまめ茶 ペットボトル

 

ペットボトルよりティーパックで煮出して販売する方が、多くのなたまめ茶を提供できます。

 

ペットボトルで1ヶ月分のなたまめ茶なんて量が多くなりますし、

 

鮮度も落ちます。

 

また、保存料などの余計な成分も混合してしまします。

 

なので、ティーパックで販売することで余計な保存料や鮮度を保つことができます。

 

まとめ

 

以上、3つの理由からなたまめ茶はティーパックで販売しています。

 

なたまめ茶 ペットボトル

 

理由@雑菌が繁殖する可能性も高くなる

 

理由Aアイスよりホットの方が吸収率が高いため

 

理由Bティーパックの方がより多く提供できる